■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックをお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ


banner (1)



■韓国ドラマ「復活」 名脇役を分析する

最近時間のあるときに少しずつ見ています。
韓国ドラマ「復活」

IMG_3552.jpg

聞いてた話の通り、ストーリーの展開が面白くてつい見入ってしまいます。
「魔王」の作者でもあるキムジウさんはなかなか才能のある脚本家だと感じました。
まだ半分しか見ていませんが、個人的におススメできる作品です。


前回は主演のオム・テウンとハン・ジミンを紹介しました。

今回は一緒に登場してくるコ・ジュウォンとソ・イヒョンについて調べてみました。
二人は恋愛事に絶妙に割り込んでくる名脇役です。


コジュウォン
コ・ジュウォン (チョン・ジヌ役)1981年生まれ
大学時代に雑誌モデルでデビュー。
(ウォンビンに似ているモデルを選ぶオーディションに合格)
「復活」でKBS新人賞を受賞した若手イケメン俳優。

ドラマではハン・ジミンに強気でアプローチ。全く相手にされなくても積極的かつしつこく迫る。
これが韓国人男性の典型的な恋愛作法なのだろうかと考えさせられる見ごたえある演技。
真似の出来ない押しの強さに圧倒されます。

ソイヒョン
ソ・イヒョン (イ・ガンジュ役) 1984年生まれ
本名 チョ・ウジョン 2001年スーパーモデルとして活躍。

ネタバレしますが、性格が冷たいオムテウン(双子弟役)からの積極的かつしつこい政略結婚の要求を固く拒む。
弟が亡くなったあとのオムテウン(中身は双子の兄)は逆に明るい性格。
反対に結婚はやめちまおうという変貌ぶりとソ・イヒョンに対して距離を置くようになった姿勢に、逆に関心を持ち始める。
突き放されると反対に作用しがちな女性心はどこの国も同じでしょうか。


ますます韓国ドラマにはまっていってます。
惹かれてはなるまいと意地を張っててももはや断念。
まだ「復活」を見終わっていないのにも関わらず、2作品(ロビイスト、ゲームの女王)も新たに購入済みです。



↓クリックをお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ





↓クリックをお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ


banner (1)

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■-

管理人の承認後に表示されます


amazon.co.jp

スポンサード リンク

プロフィール

seven26

Author:seven26
韓国駐在5年を経て日本へ帰任
韓国との関係は希薄となりました。

語学:韓国語能力試験3級
但し全く役に立っておりません。



当サイトはリンクフリーです。遠慮なく貼り付けて頂いても結構です。
もし「リンクを貼った」と簡単に連絡だけあればお邪魔させて頂きます。
*ただし違法・有害サイトはお断り。


●このブログをリンクに追加する

スポンサード リンク

アクセスカウンター

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索

全記事表示リンク

スポンサード リンク


韓国語試験 受かる対策本

韓国旅行 韓国語 生活応援

        KAMPOO.com 韓風 韓国情報満載!!
韓国情報満載!韓風

☆韓国語教師:フリートークや日常会話。短期間で上達
☆日本語ビジネス通訳、旅行ガイド、貿易・買付けお手伝い
☆韓国ビジネスのお手伝い
☆日本人の生活支援(医者、病院、困ったときに)

Amazon Recommend (Books)

Amazon Recommend (韓国語会話)

Amazon Recommend (Beauty)

抗がん作用 メシマコブ

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。