■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓クリックをお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ


banner (1)



■韓国 「B型肝炎」事情 抗体予防接種が安い! 

「B型肝炎」
輸血・臓器移植・注射器による針刺し事故・性交渉・母子感染をによる血液を経由する感染症。

一過性感染と持続感染がある。
一過性感染のうち、20~30%が急性肝炎を発症する。急性肝炎のうち、1~2%が劇症肝炎化する。
劇症肝炎を発症すると、70~80%は死亡する。
持続感染の場合、慢性肝炎・肝硬変あるいは肝臓癌の転機をとることがある。

<症状>
・急性肝炎
発熱や全身倦怠感、その後食欲不振や悪心・嘔吐が出現する。黄疸となる可能性もある。
・慢性肝炎
自覚症状は少なく、全身倦怠感、食欲不振、易疲労感などがある程度。

===================================================

海外で生活する上で、肝炎の予防接種は推奨されています。
保健所等で接種することが出来ます。

予防接種により「抗体」を作る事になります。
但し、「B型肝炎」の抗体は1度接種しただけでは出来ません。

1度接種した後1ヶ月を経て、2回目を接種。
その後5~6ヶ月後にもう一度接種して、合計3回接種しないと抗体が出来ないようです。
また、個人差で抗体が出来にくい人もいるようです。

日本では1回の接種に8,000円位料金がかかります。
また、抗体が出来たかどうかの検査費用も必要です。
ですので、3回接種+検査=~30,000円位はかかってしまいます。


最近ある事情があって、韓国で「B型肝炎」の予防接種について医者と話す機会がありました。

先生の話によると、韓国は他の国に比べ「B型肝炎」がとても多いようです。
国からワクチンの接種が推奨されており、費用も国がある程度負担をしているそうです。

そのため韓国では「B型肝炎」の予防接種個人負担分が30,000ウォン(2,400円位)です。
検査費用は25,000ウォン(2,000円位)
「A型肝炎」は日本とほぼ同様で80.000ウォンで接種できるようです。
*医療機関によって多少は異なるかもしれません。



↓クリックをお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ


↓クリックをお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ


banner (1)

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



amazon.co.jp

スポンサード リンク

プロフィール

seven26

Author:seven26
韓国駐在5年を経て日本へ帰任
韓国との関係は希薄となりました。

語学:韓国語能力試験3級
但し全く役に立っておりません。



当サイトはリンクフリーです。遠慮なく貼り付けて頂いても結構です。
もし「リンクを貼った」と簡単に連絡だけあればお邪魔させて頂きます。
*ただし違法・有害サイトはお断り。


●このブログをリンクに追加する

スポンサード リンク

アクセスカウンター

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索

全記事表示リンク

スポンサード リンク


韓国語試験 受かる対策本

韓国旅行 韓国語 生活応援

        KAMPOO.com 韓風 韓国情報満載!!
韓国情報満載!韓風

☆韓国語教師:フリートークや日常会話。短期間で上達
☆日本語ビジネス通訳、旅行ガイド、貿易・買付けお手伝い
☆韓国ビジネスのお手伝い
☆日本人の生活支援(医者、病院、困ったときに)

Amazon Recommend (Books)

Amazon Recommend (韓国語会話)

Amazon Recommend (Beauty)

抗がん作用 メシマコブ

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。